小暮写真館。

二人きりの生活になってから、本を読む時間が増えたような気がします。

宮部みゆき著の「小暮写真館」・・・・・Ⅳ卷あったのですが、夢中になって一気に読みきりました。
ストーリーの細かいことは、余り深く記しませんが、いろんな人間関係の深さが印象深く、考えさせられることがたくさんありました。
主人公の英一と弟のピカちゃんの兄弟愛も素敵でした。
自分が体験したことも少しあったような・・・・・・

Ⅳ卷読み終えて、思ったことは・・・・・私もいつまでも同じ「駅」にばかり留まっていないで新たな道を見つけて進んでいこう!  
そして、そうしようと努力している今の自分に重ねていました。

f0205887_191562.jpg


でも今日はちょっと3人に会いたくなりました。

タウ!
バロン!
ラムダ!

夢で会おうね!
[PR]
by baroramu | 2017-05-26 19:25 | Comments(0)

四本足の息子たちとの ほのぼの毎日


by baroramu