<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

卒業。

今日はクリスマスイブ。
皆さんはどんなイブの夜をお過ごしでしょうか?

私たちは・・・・・・いつものように変わりなく、シェフのお父さんが腕を振るった料理で、ランプの明かりでワインを傾けながら、ゆっくりとした時間を過ごしています。

f0205887_20155951.jpg


あの子達がいた頃からずっと続いているイブの夜です。
何も変わりありません。
これからもきっとずっと・・・・・・・
あの子達も、こうして二人でくつろいでいる私たちを見て、安心してくれてると思っています。

明日はクリスマス!・・・・・・と同時に主人の誕生日でもあります。
そして今年は、古希です。

そんなお父さんに、サンタさんになった3人から、イブの夜一日早い誕生日プレゼントが届きました。
一日早いということは・・・・・やっぱり、一番気の早かったラムダサンタさんが、一日待てなかったのでしょうか?(笑)

f0205887_20261097.jpg


お父さん~!僕たちからのプレゼント最高でしょ!・・・・と3人が自慢してそうです。


f0205887_20264429.jpg


HPをはじめて15年・・・・・・・。
はじめはキーボードを打つことすらできなかった私でしたが、独り言から始まり、ブログになって・・・・・・15年良く続いたと思っています。

愛しい子達も、全員お空に行ってしまいました。
わんこのHPということからしても、これ以上ブログを続けることは、ただ思い出を振り返りながら書き綴っていくことになります。
それはやはり寂しさだけが残ります・・・・・。
静かに自分で楽しみながら、一つ一つ思い出の引き出しを引っ張り出して、懐かしんで行きたいと思っています。
あの子達の笑顔を一杯思い浮かべながら・・・・・

今まで本当に長い間、この独り言&ブログを読んで下さったことに深く深く感謝いたします。
今日を持ってブログはおしまいにさせていただきたいと思います。

ただ、HPはこのまま残そうとおもっています。
今までのブログもHPから読めるようになっています。(全部は仕上がっていませんが、これから、今日までのブログも移行したいと思っています)

気が向いた方が、旅行記やブログなどお暇なときに覗いて下さったら最高に嬉しいことです♪

みなさま・・・・・・どうぞ良いお年をお迎えください・・・・・・。
お元気で!


今まで本当にありがとうございました。
[PR]
by baroramu | 2016-12-24 20:56 | Comments(7)

クリスマスお遊戯会

我が家に4人いる孫の一番下も、早いもので来春から小学校入学となりました。

実は、2~3歳頃から犬&猫にひどいアレルギーがあることがわかり、ラムダと一緒に居る写真もこのときが最後でした。(2012.4)

f0205887_11252958.jpg


まだ2歳前で、このときは少しまだ怖がる状態だったので、これが最高に近づいていた様子です。(笑)

f0205887_11264248.jpg


ラムダがまだしっかりと黒くて、若いなぁ・・・・・・可愛いなぁ・・・・・・

このあとからは、遊びに来ても、ラムダのいる部屋には入れず、「ラムちゃん~!ごめんね!わたしアレルギーだから・・・・・・」といつも廊下から声をかけていました。

この子が・・・・・来春は小学生だなんて・・・・・・月日の経つのは本当に早いですね・・・・・・・。

昨日、最後のお遊戯会ということで、主人と一緒に覗いてきました。

f0205887_1130818.jpg


昨年までは、舞台からでも「じいちゃん、ばあちゃん~!」と大きな声で叫んでいたものでしたが、今は大人しく照れているようなしぐさで静かでした。(少し大人になったことが実感できました。)

f0205887_1132223.jpg


f0205887_11324932.jpg


今回は向こうのおばあちゃんも、パパもおねえちゃんも総勢6人での応援で、孫も嬉しかったようです。

楽しい時間を過ごして帰宅したときは、いつものように3人が出迎えてくれました。

f0205887_11355818.jpg


知り合いの石屋さんに彫ってもらった3人・・・・・・。
先日のサンタさんの場所においています。

3人いつも一緒にわたしの足元近くにいてくれてます・・・・・・♪
[PR]
by baroramu | 2016-12-18 11:40 | Comments(2)

仲良しサンタ兄弟

早いもので、ラムダが逝ってから、今日は49日です。

先日夢で見せてくれたように、今は間違いなく3兄弟そろって走り回って遊んでいると確信しています。
「ねぇねぇ お兄ちゃん~!僕偉かったでしょ!強かったでしょ!頑張ったでしょ!」とお兄ちゃんたちにまとわり着いて離れないラムダの姿が目に浮かびます・・・・・。

あの悪い病気に負けないで、強く立ち向かって頑張ったラムダの姿勢をお手本に、私たち夫婦も元気に仲良く、二人の生活を楽しんで過ごして行こうと思うようになりました。
実は主人が体調壊して、10日余り入院していましたが無事退院でき、今はやっと平穏な毎日になりつつあります。
夫婦二人の生活を作ってくれたラムダに対して、明るく笑いながら過ごしていくことが一番3人を安心させることだと言うことも実感できるようになりました。

そこで・・・・・以前愛しい子達のゲージなどが置かれていた場所が広くなり、ちょっと空間がさびしいのでこんなものをおいて見ました。

f0205887_9361847.jpg


いつもはこの時期玄関に一体だけ飾っていましたが、何年ぶりでしょうか?
三体全部出して見ました。

ちょうど我が家の愛しい子3兄弟です。
可愛い天使さんたちが、サンタさんに変身しました。(笑)

真ん中のお手紙書いているサンタさんは、誰にも気配りして、あちこちに感謝のお手紙書いている優しいタウ兄ちゃん。

左の熱心に本を読んでいるサンタさんは、静かで寡黙なバロンちゃん。
生前、バロンにめがねをかけて本を読ませたこんなこともありました・・・・・・。

右のそりに乗って、張り切ってプレゼント配っているサンタさんは、もちろん一番若く走り回るラムちゃん。
きっと皆さんのワンちゃんの夢の中にも、ラムダサンタさんがプレゼントを届けているかもしれませんよ!

老夫婦二人で、サンタさんにも電気をつけて(スイッチを入れると明かりがつきサンタさんが動きます)、楽しんでいます。

ねっ!
タウ!バロン!ラムダ!
お母さんたち少しづつ前に進んでいるでしょ!

ラムちゃん~!今日は又新しいお花買ってきて、一日笑顔であなたを偲びます・・・・・・。
[PR]
by baroramu | 2016-12-08 09:59 | Comments(2)
タウちゃん!
あなたが旅立ってから、ちょうど丸10年経ちました。

あなたが旅立った日は、雪遊び大好きだったあなたにふさわしい綺麗な銀世界でしたね。

今日は・・・・・最近にないほど珍しく青空が広がっていて、雪の帽子をかぶった岩木山がきれいに見えています。

f0205887_12244155.jpg


先日夢で見せてくれたあなたたち3人の姿・・・・・今でもしっかり目に焼きついています。
あなたの笑顔、最高でした。
あの笑顔に救われました。ありがと・・・・・・
そして・・・・・・・今は3人そろって元気に走り回って遊んでいると固く信じています。

もう少しでラムダが逝ってから49日になろうとしています。
あの夢を見せてもらってから、今は少し心穏やかに過ごせるようになりました。
もちろんまだ涙する日はあるけれど、今はずいぶん気持ちが楽になりました。

それはあなたのおかげです。
しっかり者のあなたが、甘えん坊の弟二人のお世話をしてくれていることがとっても心強いです!

f0205887_12291377.jpg


ありがとね!
頼りにしています・・・・・・・。

今日は新しいお花もお供えして、あなたを偲んでいます。

f0205887_12302750.jpg


一日何度3人の名前を呼んで話しかけていることか・・・・・・・3人並んでいつもそばにいてくれてると感じられ・・・・・・・前を向いて進んでいかなければと勇気付けられています。

ラムダが旅立った直後、お父さんが作ってくれた紙粘土の3人も玄関に飾りました。

f0205887_12354870.jpg


出かけるとき、帰宅したとき・・・・・・「タウちゃん、バロンちゃん、ラムちゃん、ただいま~」とまずは玄関で声かけ、部屋に入っては3人並んだところに「タウちゃん、バロンちゃん、ラムちゃん、お留守番ありがと!」とお線香上げ・・・・・・

朝は「タウちゃん、バロンちゃん、ラムちゃん、おはよう~♪」
食事のときはお供えして、お線香上げて「タウちゃん、バロンちゃん、ラムちゃん、仲良くお食べ~」これが一日二回!
就寝前にも「タウちゃん、バロンちゃん、ラムちゃん、お休み~♪」とお線香上げ・・・・・

きっとあなたたち3人は、「お母さんは何回僕たちの名前を呼んでるんだろうね!」と笑ってるかもしれませんね。

3人を撫ぜてあげることはもうできないけれど、その代わり名前を呼ぶことは何度だってできる・・・・・これからもずっとそうしていくからね!

タウ兄ちゃん、二人の可愛い弟をよろしくね!
いつの日か3人に会える日まで・・・・・・・頼りにしてるから・・・・・・・

大好きな大好きなタウちゃん。
[PR]
by baroramu | 2016-12-03 12:58 | Comments(0)

四本足の息子たちとの ほのぼの毎日


by baroramu