<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

合同慰霊祭。

23日はお彼岸の中日でした。
タウを見送ってから7回目、バロンを見送ってから3回目の慰霊祭でした。
朝から青空が広がって、タウ&バロンもお空の上から私たちの様子をはっきり見れただろうなと思っています。


慰霊祭が始まるまで少し時間があったので、「浪岡ダム」でふれあいタイムとなりました。

f0205887_21223138.jpg


「あいつはいつまでも相変わらずだなぁ・・・・・・まぁ、あれがあいつのいいところだから!
お父さん&お母さんにパワーをいっぱい上げてるし・・・・・僕達はここからずっと見守ってあげようね!」と
元気印の末っ子ラムダの様子を苦笑いしながら見ていたに違いありません。

f0205887_21232657.gif


慰霊祭の場所には、もちろんラムダも連れて行きました。
200人に近いでしょうか?
たくさんの参列者が、見送った愛しいわが子を想っています。
いつも落ち着きのないラムダですが、この時は場所をわきまえているのか、人が(犬が)変わったようにじっとしてくれています。
人の多さに緊張して固まっているだけかもしれませんが・・・・・・・(汗)

f0205887_21261626.jpg


お経が始まりました。
みなさんかわるがわるお線香を上げに行きます。

f0205887_2127565.jpg


ラムダはラムダなりに拝んでくれてるようです。
「タウ兄ちゃん!バロン兄ちゃん!僕来たよ!見ててくれてる?」って・・・・・言ってるのかも?

f0205887_21293980.jpg


一番後ろでおとなしくしているラムダに、「あらぁ おとなしいワンちゃんだこと」とみなさんが声をかけてくださいました。
みなさんはそれぞれ自分の愛しい子を見送った人ばかりなので、ラムダにも優しく接してくれて、それがまたラムダは嬉しそうで・・・・・・

春のお彼岸は雪のために結構慰霊祭が見送られることが多いので、1年に1度この秋の供養際に参列した後は、何処かしら気持ちの上でほっとします。
タウとバロン二人を見送ってからは、「二人いつでも一緒だよね!」と心穏やかに偲ぶことができ、涙なくこの慰霊祭に参列できるようにもなりましたし・・・・・

ねっ!ラムダ!
二人のお兄ちゃんに見守られながら、これからもずっと元気でいようね!
[PR]
by baroramu | 2013-09-24 21:50 | Comments(2)
今日はお彼岸の中日。
今日も青空が広がっていました。
タウバロンの合同慰霊祭に参列してきましたが、そのことは後日また・・・・

さて昨日の海編の続きです。(笑)
早速たそがれている二人です!

f0205887_18352239.jpg


どちらかと言うと山派の私たちは山に行くことが多いのですが、ラムダは海の方が好きかも??と思わせてくれました。
楽しんでいる様子がたくさん見れました!!

f0205887_18374991.jpg



f0205887_18381410.jpg


その様子を、遠くからかもめさんも見てくれてました。

f0205887_18401893.jpg


私たち二人のご機嫌をとることも忘れません。(笑)

f0205887_18404693.jpg


そして・・・・

f0205887_18411279.jpg


嬉しさをあらわしている極めつけは、いつものお得意ポーズです。

f0205887_1842476.jpg


のんびりゆっくり1時間半ぐらいいたでしょうか?
潮風を浴びて気持ちよくなった子は・・・・・・(笑)

f0205887_18455558.jpg


さぁ移動しようか~~!
・・・・・ということで、鯵ヶ沢は新鮮なお魚料理が多い街です。
私たちは焼き魚定食でお腹を満たし、その後海の駅「わんど」の2階にある「鯵ヶ沢相撲館」に立ち寄りました。

f0205887_18491051.jpg


青森県出身の大好きな力士「舞の海ふるさと桟敷」があります。

f0205887_18494692.jpg


寄贈されたと言う記念のたてやトロフィー、賞状、化粧まわし、た~~くさんのものが飾られています。
力士時代の立派な取り組みが、ビデオで流されていました。
驚くことに入場は無料です。
余計に舞の海と言う力士が好きになりました。

エアコンの効いた車で留守番していたラムダのところに戻って・・・・・・
最後にもう一度海に立ち寄りました。

七里長浜です。
ただ先日の大雨のせいか??砂浜はごみであふれていました・

f0205887_1857776.jpg


反対側には遠くに岩木山が・・・・・

f0205887_18575227.jpg


さぁ一杯遊んだし・・・・・触れ合ったし・・・・

今度は本当に帰ろうね!!
車に乗った途端・・・・・(笑)
相当お疲れのようです!

f0205887_185953.jpg


大丈夫~~!
今日はお昼寝できなかったから、安心してゆっくりねんねしていいよ~~!

こうして海へののお出かけは、楽しく終わりました。
[PR]
by baroramu | 2013-09-23 19:09 | Comments(0)
三連休ですね!

毎日がお休みの私たちには特別連休など関係ないのですが、あまりにも気持ちよい青空に誘われて、久しぶりにドライブを楽しんできました。
目的地は??
海に行こうか!!と言うことで車を走らせましたが・・・・・

途中まず立ち寄ったところは、大石神社

ここは何度か訪れたことがあります。

f0205887_19455570.jpg


奉納されたお馬さん。可愛いお顔をしていました。

f0205887_19465153.jpg


境内や、少しだけ奥の方までゆっくり散策した後は・・・・・

f0205887_2084258.jpg


f0205887_19473725.jpg


車を走らせた先は、鯵ヶ沢町中村地区に作られている、かかしの里です。

f0205887_19501894.jpg


今年は例年よりかかしの数が少ないように感じましたが、それでも一つ一つにユーモアがあふれていました。

超怖がりのラムダは、一人で恐る恐る近寄っていたものの完全に尻尾が下がっています。(笑)

f0205887_19525852.jpg


離れていたら大丈夫そうです!!

f0205887_19534096.jpg


f0205887_19535796.jpg


海に着くまでにはもう少し時間がかかりました。
まぶしいほど青い日本海を臨みながら車を走らせ・・・・

「ラムちゃん~~着いたよ~~!」

f0205887_19562484.jpg


海での様子はまた次回に・・・・・・
[PR]
by baroramu | 2013-09-22 20:11 | Comments(0)

台風18号。

過去に例のないほどの猛烈な大雨と暴風をもたらした台風18号・・・・・・
全国あちこちに大きな被害をもたらしました。
被害にあわれた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
皆さんのところは大丈夫でしたでしょうか??

さて我が家も・・・・・
この場所に引っ越してきてから18年になりましたが、ここに住んでから経験したことのない体験をしました。
午後3時ごろから、あれよあれよ・・・・・・といってる間に岩木川の水が増量し、目の前のゴルフ場は一瞬で濁流の川になり・・・・・・
家の前にある普段は水のない大きな堰も、水があふれ・・・・・・

結局避難しなければ・・・・・・ということになりました。
ラムダを連れてキャンカーで近くの道の駅まで避難しました。


お隣さんは、堰があふれたため、地盤の低い物置にしている部屋は床上浸水し、他には低い場所に立っている近所のお宅は完全に床上浸水になったそうです。

もう少し降り続いたら駄目かも??と言う状態だったのですが、我が家は大丈夫でした!!!!

今朝は澄み切った青空が広がり、昨日はいったいなんだったの?と言う気持ちよい一日になりました。

ゴルフ場の様子は・・・・・

f0205887_11591213.jpg


林の向こうに岩木川があります。

f0205887_11593186.jpg


f0205887_11595128.jpg


あちこちにある倒木が、当時の濁流のひどさを物語っています。
広いゴルフ場は、すべて濁流の下になり、かなり高い位置にある道路まで水が上がるのは時間の問題と言うところまで来ました。

この道路まで後1メートルあまり・・・・・と言うところで水が引きました。
道路まで濁流が来たら、我が家はアウトです!

f0205887_1221359.jpg


今回ばかりは、川の側に住んでいることの怖さを体験しました。

f0205887_1244572.jpg


ご覧頂くとお分かりですが、道路まで水が来ると言うことは・・・・・

f0205887_1255719.jpg


被害にあわれた方には申し訳ないのですが、無事すんでほっとして今日は過ごしています。
[PR]
by baroramu | 2013-09-17 12:17 | Comments(2)

2年半・・・・・・・。

数日前から、何度も新聞やテレビで2年半と言う言葉を、耳にし目に入ってきていました。
連日オリンピックの報道でにぎわっていますが、まだまだ決して忘れてはならない震災・・・・・・。
あれからもう2年半経ったのですよね・・・・・・。

2011年3月11日・・・・・・・・。
バロンを見送ってからわずか2週間後の起きた大震災・・・・・・・・停電が数日続いた中、当時は本当にいろんな思いが頭の中をぐるぐる渦巻いていました。

昨年震災後初めて被災地を訪れ、現地の光景を生で見て、深い衝撃を受けたことも、まだはっきり覚えています。
あれから1年近く経ちました。

先日の道の駅めぐりで、唯一つ訪れた被災地の道の駅「みやこ」
昨年は小さなプレハブの建物での営業でしたが、今回訪れてみると・・・・・・・

f0205887_13503913.jpg


f0205887_1404133.jpg


建物は以前のものを再利用していましたが、すっかり綺麗になって営業再開していました。
前回は、被災地に関するものには、とてもカメラを向けることは何一つ出来ませんでしたが、今回は嬉しさを一杯感じながらシャッターを切ることが出来ました。

「記憶の街、ワークショップin鍬が崎」と言うイベントが開催され,津波で失われてしまった街や集落を白い模型で復元し、地域の皆様と共に記憶を辿るという催しでジオラマが作られていました。

f0205887_1356254.jpg


立命館大学の学生さんのがんばりです。

f0205887_13572826.jpg


感動しました!!
タウ&バロンとの楽しかった思い出が詰まった場所が、動き出している・・・・・嬉しかったです。
街並みは、依然まだ何もなく、草だけが伸びきっている寂しい光景でしたが、それでも確実に少しづつ前に向かっているんだと実感できました。

もう2年半・・・・・まだ2年半・・・・・いろいろまだまだ大変なことは山積みですが、少しづつでも未来に向かって進んで行って欲しい、なりつつあるかも?とそう思わせてくれた宮古の道の駅でした。
[PR]
by baroramu | 2013-09-11 14:09 | Comments(0)
4日から久しぶりのキャンカーの旅に出かけ、東北の道の駅巡りをして、先程帰宅しました。

5日・・・・タウ&バロンとの思い出の場所、山形県たかはたにある「犬の宮」に行こうとしている時・・・・・・・・哀しいメールを受け取りました。

2002年はじめてお会いした懐かしい思い出のカノンちゃん・・・・・4日に虹の橋を渡られたということでした。

思いもかけない突然のメールに、驚きと同時に大きい衝撃が胸を打ちました。

もう10年以上のお付き合いになります。
カノンちゃんのお母さんには、タウバロンにもたくさん可愛いバンダナやスヌードを作っていただき、お世話になりました。
何かの時には心のこもったメールなどを頂き、大切な大切な存在でした。

一昨年、朝霧高原でのオフ会で、本当に久しぶりの嬉しい再会ができました。
名前を呼ばれたとき、嬉しさのあまり大興奮したことが今でもはっきりよみがえります。

穏やかに歳を重ねたように、すっかり色白美人さんになっていたカノンちゃん。

f0205887_20234066.jpg


静かに寄ってきて甘えてくれました・・・・・・

お昼の用意もして行かなかった私たちは、お母さんのお気遣いに甘え、しっかりみんなでご馳走になってしまいました。(汗)

f0205887_20255824.jpg


お父さん&お母さんに甘えていたカノンちゃんの様子が焼きついています。

長い闘病生活で、カノンちゃんもご家族の皆さんも大変なことだったと思いますが、最期の最後まで頑張られて・・・・・・・・
12年3ヶ月の犬生を全うされたカノンちゃん・・・・・・お疲れ様でした・・・・・そしてたくさんの楽しい思い出をありがとうございました。

ご家族の皆さんの、愛情一杯に支えられ、見守られ、カノンちゃんも安心して旅立ったことと確信しています。
オフ会に皆さん全員で参加され、本当に優しさあふれる素敵なご家族でした。
我慢せず、思いっきり泣かれた後は、笑顔が戻られる日を、カノンちゃんもお空から見ていると思います。
ゆっくり・・・・ゆっくり明るい生活が戻りますように・・・・・

HPを持って12年余り・・・・・本当にどれだけのお友達のワンちゃんを、この独り言&ブログで偲んだことでしょうか・・・・・・
自分自身も、しっかりシニア世代になったのですが、本当にお別れは哀しい事ですね・・・・・

お空の上では、先輩タウ&バロンがカノンちゃんのお世話をしていることを信じて・・・・・

心よりカノンちゃんのご冥福をお祈りいたします。
安らかに・・・・・・おやすみなさい!

今まで本当にありがとうございました!
[PR]
by baroramu | 2013-09-08 20:47 | Comments(6)

四本足の息子たちとの ほのぼの毎日


by baroramu