<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

この季節になると、余り外での写真ということが少なくなり・・・・・
そして家の中ではというと、代わり映えしない・・・・寝てばかりいる二人の写真・・・・・(汗)

いつもはこうですよね!

f0205887_1912815.jpg


そして・・・・・・・安心しきって甘えっぱなしのラム坊や

f0205887_19395291.jpg


ここまでの2枚は今日の午前中の2人の様子です。

ところが・・・・・・夕方近くなるとちょっと2人に変化が・・・・(笑)

f0205887_19412433.jpg


f0205887_19415167.jpg


「いつもおいらにばっかり頭載せてくるんだから、たまにはいいだろう!!
これもまんざらではないな・・・・・・」と言ってそうなバロン兄ちゃんです。

f0205887_19435059.jpg


この様子を眺めながら、とっても嬉しくなった反面 「あぁ・・・・いよいよバロンも歳をとったなぁ」と微妙な気持も抱いた飼い主なのでありました。
[PR]
by baroramu | 2009-11-28 19:50 | Comments(6)

筋肉・・・・・。

毎月一回爪切りなどのために、我が家にいらしてくださってるトリマーさんから、最近嬉しい一言が・・・・・♪

「バロンちゃん、あんよに筋肉ついてきたんじゃない♪」・・・・・・と。

バロンは、古くから私の独り言をごらんいただいている方なら、誰でもご存知のように、とにかく余り歩かない子でした。
毎日の散歩も、本当に最低限・・・・用事を済ませたら即効帰りたい光線を私に投げかけていました。

タウがまだ元気だったころ、あの子は本当に歩くことが好きでした。散歩大好きっ子でした。
その時は、まだバロンも若かったし、タウと一緒に喜んで(?)歩いていました。

年とともにタウの足腰が弱くなってきたころ(14歳ごろから無理ができなくなったタウでした)、バロンも右習いで、散歩時間が激減しました。

・・・・・・そしてバロン一人になり・・・・・・もっと散歩時間は少なくなりました。

ところが、元気一杯の散歩大好きなラムダが弟になりました。
いつもタウ兄ちゃんの後ろしか歩かなかったバロンは、やはりラムダの前を歩くことはほとんどありません。

一人で2人を一緒につれて歩くときは、我が家ではこうなります。(笑)

f0205887_2130552.jpg



元気一杯のラムダが、バロン兄ちゃんを引っ張ってくれます。
否が応でもバロンは歩くようになりました。
・・・・・その結果、筋肉がついたのでしょうか?

年をとってくると1日中寝ている事が多くなり、飼い主も「年だからしょうがない」と思うようになり、散歩時間も短くなり筋力も衰えてくると聞きます。
もしもバロン一人だったら、本当にそうなっていたでしょう・・・・・・

もちろん、食事にも良質のたんぱく質を、脂肪分は少なめに・・・・そして、関節軟骨退行を抑制するサプリは飲ませています。
でも、それよりも何よりも、無理のない毎日の散歩が、一番効果に出ているのではと思う日々です。

f0205887_21303422.jpg


本当に以前のバロンでは考えられないように歩くバロンです。
それも楽しんで歩いているような・・・・・・もちろん歩くのを嫌がる日もあります。その時は無理強いしないで帰ります。

来年の3月で11歳になるバロン・・・・・・
しっかりおじいさんの仲間入りをしていますが、無理することなく、マイペースで、これからも歩いていって欲しいと願っています。
[PR]
by baroramu | 2009-11-23 21:37 | Comments(0)

通園二回目。

ちょっとばたばたしていましたので、二回目の幼稚園の様子・・・・・お知らせするのが遅れました。

先日行ってきましたよ!
二回目の幼稚園・・・・・・・・・♪

初登園よりは、少しは慣れた様子で、おやつをバクバク食べていたとのことでした。
Mダックスのポヨ君というお友達もできたようで、一緒に並んでお散歩に行ったようです。
ただ、まだまだ内弁慶はかなりひどいようで・・・・・・(汗)


ラム坊や~~!
まだまだ二回目・・・・・・
あせらずのんびり頑張ろう~~!
でもせっかく幼稚園に行って、たくさんお友達と会えるんだから、みんなと仲良くして楽しんでね!

連絡帳も2ページできました♪

f0205887_2022915.jpg


f0205887_2031014.jpg


お家にいるときはどれだけお兄ちゃんに甘えていいからさ!

f0205887_2034994.jpg


幼稚園は疲れるよ!
やっぱりお家はいいなぁ・・・・・と言ってそうなラムダです。(笑)

今度は少し慣れて、ちょっと成長したころの様子をご報告しますね。
[PR]
by baroramu | 2009-11-18 20:13 | Comments(6)

たまにはのんびり~~♪

バロラムコンビが誕生してから、もう少しで1年5ヶ月になります。

パピーのころよりも、さらに一層バロン兄ちゃんにぴったりくっついてばかりいるラム坊や!(笑)

起きている時は、お耳をぺちゃぺちゃしゃぶり・・・・・ぺろぺろ嘗め回し・・・・・お兄ちゃんが寝ているときでもぴったりとくっついて横になり・・・・・・
とにかく、とにかくお兄ちゃんから離れません!!!
よくバロンも我慢してくれていると思います。

だからなのでしょうか?

あまりにもしつこく付きまとわれているとき、最近は、ラムダのハウスに入って行って休むようになったバロンです。

今まではストーブの前を陣取り、そこから離れることはなかったのですが・・・・・
その時はこうなります。(笑)

f0205887_20222960.jpg


さすがくっつき虫のラム坊やも、ハウスの中にまでは押しかけて行きません。
ラムダにとって、ハウスは夜だけ、戸を閉められて休むものとしっかり認識しているようです。
はじめは、ハウスの中に首を突っ込んで休んでいるお兄ちゃんの顔を舐めていましたが、体形が疲れるのか、すぐにやめてしまい・・・・・・

「いいよ~~♪お兄ちゃんがそこで休むんなら、僕はひとりで広々とストーブの前で寝るからさ!!」
とご覧の通りです。(笑)

f0205887_2018819.jpg


ハウス(バリケン)の方が落ち着いて休めるのだったら、バロン専用のものを一つ用意してあげようかなと今ちょっと検討中です。
ほとんどはハウスの隣のサークルで休むバロンなのですが・・・・・・


f0205887_20182734.jpg


いつもいつも思うのですが、バロンの寝顔はまさしくいつも天使に見えます♪(これも親ばかですね 汗)
[PR]
by baroramu | 2009-11-16 20:32 | Comments(0)
久しぶりに日記更新です。

最近、大事な人&ワンちゃんとの別れが、本当に続いています。

「命」ということを、つくづく考えるようになりました。
命あるものは、生と同時に必ず死があります。生きることと死ぬこととは別々のものではなく、 生きることのなかに必ず死ぬことが含まれています。

命あるものが誕生し、成長し、歳を重ねて・・・・・死を迎える・・・・・決して避けられないことなのですが、その最期のときはやはり個々違い・・・・・一生が終わります。

しっかりとシニア世代突入の私たち夫婦、そしてバロン・・・・・・どんな最期を迎えるのか、それはもちろんわかりませんが、いい一生だと思えるような、そして私たちと暮らして楽しかったと思ってくれるような・・・・・・そんな最期でありたい&させたいと強く強く思います。

おかげさまで、今は私たち夫婦&バロラムは元気です。
そしてこれからも精一杯、楽しいワンライフを過ごそう&過ごさせようと思います。

留守番ばかりさせていて、全然バロラムの写真は撮れていませんでした。

そこで先日の十和田のときの写真をごらんくださいませ。(笑)


f0205887_15432790.jpg


f0205887_15434536.jpg


f0205887_1544326.jpg


f0205887_15443380.jpg


f0205887_15445259.jpg


f0205887_15451358.jpg


親ばか&犬馬鹿満載ですが、少しずつ・・・・少しずつ成長した雰囲気が出てきている感のするラムダだと思いませんか?(笑)
[PR]
by baroramu | 2009-11-15 15:50 | Comments(2)

十和田・・・・・・。

土日とちょっと用事があり、青森と十和田に出かけてきました。
青森で用事を済ませ、それから十和田に向かって・・・・・・・P泊の場所は道の駅「とわだ」

ちょうど一年前、バロンが北里大学病院に長期入院して、面会のためにキャンカーで寝泊りしていた場所でした。
あの時は、またこうしてバロンと一緒に、ここを散歩できるなど夢のまた夢のことでした。

ここの道の駅は、奥の方までびっくりするぐらい広い公園になっていて、バロンが入院中、ラムダと一緒に一日何度も散歩していた場所でした。

f0205887_19412271.jpg


私たちの落ち込んでいた気持も映ってか、寂しげに一人で散歩していたラムダでした・・・・

でも、一年後の今・・・・・・
こうしてはしゃぎまわっている2人がいます。
とても感慨深げに、この行動を見ていました。

f0205887_19454125.jpg


バロンのリードをひきながら、「バロン~~!去年の今頃、ここをお母さんたちは大変な思いで歩いていたんだよ~~!でも、ホントよかった!こうして楽しくバロンと歩けてさ!」と何度も話しかける私・・・(笑)

二人で、きれいにモデルを決めてくれました。

f0205887_19483453.jpg


f0205887_1948599.jpg



十和田で用事を済ませた後は、十和田湖に向かいました。

ここもいろんな意味で思い出のある場所です。


思い出


このとき一緒したワンちゃんは・・・・バロンのほかはみんなお空に・・・・・・

でも楽しかった大切な思い出です。
本当に、ワンと一緒に暮らしたおかげでもらったたくさんの思い出。
宝物です・・・・・・・

ラムダにとっては、初めての十和田湖~~♪

f0205887_19525052.jpg


f0205887_19531978.jpg


いつもなら結構ワンちゃんの姿が見られるのですが、この日はほとんどいないので、ラムダのワンワンのうるささもなかったし、たくさん注目され撫で回されたし・・・・・♪

昔を懐かしみながら、楽しい新たな思い出がまた一つ増やせました。

f0205887_19561896.jpg

[PR]
by baroramu | 2009-11-09 20:05 | Comments(0)
僕ラムダ・・・・・・

あのね・・・・・僕今日、幼稚園に行ってきたんだよ!
朝からお母さんがばたばたとお出かけの支度しているから、「やったぁ~~!お出かけできる~♪」と思ってルンルンしてたのに・・・・・・
なぜか車に乗ったのは僕とお母さんだけ・・・・・
何でお父さんはいないの??バロン兄ちゃんはいないの??と・・・・・・自然と甘えっ子の僕の鼻に笛がついてピーピーピー・・・・・・(笑)

1時間位乗って青森に・・・・・・着いた場所は、先日バロン兄ちゃんたちと一緒に来たドッグカフェだったよ!
ここにしつけ教室があって、そこの幼稚園コースに僕は入るみたい!

f0205887_20191216.jpg


スタッフのお姉さんたちが、「はじめまして~~!ラムダ君入園おめでとう~~♪」といって出迎えてくれたけど、僕は緊張して声も出ず・・・・・・(汗)
ほかにもたくさんほかの幼稚園生がいて、新入生の僕に向かって「ワンワンワン!!!」と始めましてのご挨拶してるようだけど、僕はだんまり・・・・・
いつもだったらほかの子には吠えまくる僕なんだけど、やはりみんなの言うように僕は内弁慶なのかなぁ・・・・・・

あっ!そうそう!
幼稚園だからと言って、小さい子ばかり入るというわけではないんだよ!
一番大きい子は8歳の子もいるんだから・・・・・・
とにかくここでは、ほかのワンちゃんたちと、問題なく触れ合えるように、一緒に遊んだりお散歩したり、お昼寝したり・・・・・

朝10時から、お母さんたちが迎えに来る夕方5時まで、僕たち幼稚園生と、スタッフのお姉さんだけで過ごすんだって・・・・・
僕できるかなぁ・・・・・・もう心臓がどきどき!!!

お母さんが「よろしくお願いします~」といって帰って行っちゃったあとは、やはり僕の鼻にまた笛がついちゃった!!「ピーピーピー」

でも、少し慣れてきたら、小さい子と一杯遊んだよ!僕我慢してあまり吠えなかったよ!

とにかくここでは、僕が、最近ほかのワンちゃんや通行人などにちょっと吠えるのがひどくなってるから、それを直すことが目的なんだって・・・・・・
あとは飛びつくのをやめること・・・・・

幼稚園で、協調性が身についたら、今度はきちんとしたしつけ教室に移るんだって・・・・・!
しばらくは、1週間に二回ぐらい、通うことになりそうだよ。

夕方お母さんがお迎えに来て・・・・・・

f0205887_20222487.jpg


f0205887_202239.jpg


バリケンから出て、僕は嬉しくってお母さんのところにまっしぐら~~!
そして飛びつき~~!(これがいけないんだよね! 汗)

先生から、こんな連絡帳をもらって感激してたよ!
表紙には僕の可愛い写真を貼って作ってくれ・・・・・・

f0205887_2023032.jpg


ノートの中には、今日一日の僕の様子を写真付で説明してくれてるみたい・・・・・

f0205887_20233145.jpg


f0205887_20234714.jpg



これを見て、「あら、ラムちゃん、がんばったねぇ」とお母さんが褒めてくれたよ!


さぁ、やんちゃ坊主の僕が、すっかり落ち着いた大人になることはないと思うけど(笑) 最低限、みんなに迷惑かけてることだけは直すように頑張るよ!!!
[PR]
by baroramu | 2009-11-06 20:33 | Comments(2)
タウをお空に見送った時、決して次の子を迎え入れることはないと、信じて疑いませんでした。
・・・・・なのに今はもう可愛くってしょうのない、バロンの弟分のやんちゃなラムダが我が家にいます。

ラムダのパピーの写真を見たとき・・・・・・そこに重ね合わせたのはじゃむちゃんでした。
まさしく赤ちゃんじゃむちゃんがそこにいました。
私は、ず~~とず~~~と、じゃむちゃんの大大ファンでした。
じゃむちゃんのカラー、するしぐさ&表情すべてが好きでした。
本当に特別の存在でした。
もちろんラムダを迎え入れる決心をつける時は、他にもいろんな感情がありましたが、じゃむちゃんのことが、私の心を動かしたかなりのウェイトを占めた事は事実です。


そのじゃむちゃんのまさに突然の訃報を、先月25日夜お聞きしたときは・・・・・・「うそだ~!」と、まるで信じられず、夢の中の出来事だと思いました。
取り乱して涙が止まりませんでした。
鈍器で頭を殴られたショックでした

私でさえ、こんなショック状態でしたので、pupuさんはじめ ご家族の皆さんの心情を思ったら、胸が締め付けられ、呼吸するのも苦しいほどで・・・・・


本当にじゃむちゃんとの楽しい思い出は数え切れないほどあります。
今年は二回も会う事ができました・・・・・。

f0205887_174924.jpg


やんちゃすぎるラムダが、バロン兄ちゃんにいたずらするのを、しっかり怒ってくれたじゃむちゃんでした。
・・・・・だから、同じ色の黒いもの同士で、しっかりラムダの教育係をずっとして欲しいと思っていたじゃむちゃんでした。
撮る写真では、いつも笑顔一杯のじゃむちゃんでした。
どんなときも、マイペースで、まさに赤ちゃんがそのまま大きくなったような、天真爛漫なじゃむちゃんでした。


f0205887_174942100.jpg



じゃむちゃん!
あなたとの思い出は、しっかりと心の中に・・・・
あまりにも突然すぎるお別れで「来年また会おうね!」という約束はできないまま、あなたはお空に行っちゃったけど、あなたのことは決して忘れないよ!
本当に本当に、今までありがとう・・・・・

じゃむちゃんはお空で、さらお姉ちゃんはじめ、ぱすた君、たると君と会えて懐かしいだろうけど、一人になったにょっきくん寂しがっているよ!
時々はにょっきくんの夢の中に出てきて遊んであげてね・・・・・

もう、じゃむちゃんには会えないけど、ここ青森にも、もう一人のじゃむちゃんがいるから・・・・・・
ラムの夢の中にも出てきて、しっかり怒って教育してあげてね!(約束だよ!)

f0205887_1750113.jpg



じゃむちゃん~~~~!
本当に今までありがとう~~~~~~~~~~~♪


f0205887_17503449.jpg

[PR]
by baroramu | 2009-11-05 18:05 | Comments(2)

冬到来・・・・・。

昨日青森に行く用事があって、そのときも粉雪が舞っていましたが、今朝はご覧の通り・・・・・

f0205887_21232085.jpg


f0205887_2123392.jpg


こちら青森に限らず、今日は日本中本当に寒さ厳しかったようで、あちこちで木枯らし一番や初雪など、冬の便りが見られたようで・・・・・
依然、インフルエンザが猛威を奮っているとき、皆様体調管理には気をつけましょう。


一週間ほど前のことになりますが・・・・・・(汗)

岩木川の河川敷広場で遊んでいるとき、可愛いお友達と会うことができました。

私の大好きなフレブルのタラちゃん。

f0205887_21284392.jpg


こちらではあまり見かけることがないミニピンのキャシーちゃん。

f0205887_21293170.jpg


2人ともとってもお行儀がよくダンスが上手な可愛い子でした。

最近めっきりよそのワンちゃんにワンワンするようになったラム坊や。(汗)
始めましてのご挨拶は、お互い探り合っているように、なかなかくっつきませんでした。

f0205887_2137216.jpg



少し慣れてきたころは、ラムダのほうから寄っていきました。
タラちゃん、ちょっと引いてるね!

f0205887_21382895.jpg


こんなときは、いつものオフ会のようにおやつで釣って(笑)

f0205887_2139239.jpg


ちょっと引っ込み思案だったキャシーちゃんも元気に寄ってきてくれました。

f0205887_21471189.jpg



初めて会うお友達でしたが、時々ここにも遊びに来ているみたいで、また会えることを楽しみに・・・・♪
[PR]
by baroramu | 2009-11-03 21:49 | Comments(2)

犬の日

ちょっとご無沙汰でした・・・・・・。

今日は11月1日。


犬の鳴き声「ワン(1)ワン(1)ワン(1)」の語呂合せで、ペットフード工業会等6団体が1987(昭和62)年に制定されたそうです。
犬についての知識を身につけ、犬をかわいがる日となっているそうですが、特別、犬の日でなくても、愛犬家にとってはこれは当たり前のこと・・・・・・

昨日はハロウィンで、日本で言えばお盆のような風習。
「ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。
1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたからである」・・・・・(ハロウィンの説明を引用)

今夏のお盆には、タウをはじめ、お空に旅立ったたくさんのほかのワンちゃんもきっとそれぞれのお家に帰ったはず・・・・・
昨日のハロウィンにもまた帰ってきてくれたかも?♪

犬の日にあたって、今元気でいる子も、またお空にいる可愛い子も、いつまでも大事な大事な可愛い我が子・・・・・・♪
愛犬家の皆さんはきっと今日改めて思っているのではないでしょうか?

ここにも可愛い子が・・・・・・♪

f0205887_19264724.jpg


f0205887_1927610.jpg


犬の日でなくたって、毎日が犬の日です!!!
[PR]
by baroramu | 2009-11-01 19:37 | Comments(0)

四本足の息子たちとの ほのぼの毎日


by baroramu