増田の蔵。

先日のウォーキングドライブの続きです。

横手市の増田にある町並みには驚きました。
外から見ただけではほとんど解らないのですが、なんと家の中に蔵があるのです。
現在公開されている家屋は19軒らしいですが、その内蔵の様子は建造された時代や用途によってさまざまで、この町並みを歩くだけで、往時の栄華が偲ぶことができました。

まずは、旧石田理吉家です。
3階建ての建物は、当時としてはかなり珍しかったのでは?と思われます。
市指定有形文化財に指定されています。

f0205887_953946.jpg


中は写真撮影は禁止されているのでここまでです。

f0205887_9534367.jpg


蔵の中すべてが、どこを見ても豪華絢爛なことで驚きの連続でした。

次は町の駅で、無料公開されている場所です。

f0205887_9563210.jpg


f0205887_9564935.jpg


ここは、JR東日本のコマーシャルとして吉永小百合さんがTVにも出ていた場所です。

f0205887_9583090.jpg


同じ場所で撮ってみました。(笑)

f0205887_959694.jpg


このように蔵の町の説明がしてありました。

f0205887_100651.jpg


次は山吉肥料店です。
ここの内倉は昭和初期に立てられたもので、ここが増田で最後に立てられた内倉だそうです。

このように奥さんが案内してくれます。
どこも写真撮影はOKでした。

f0205887_1025668.jpg


f0205887_1032381.jpg


一階窓扉まで麻の葉模様の鞘飾りが施されていて、本当に見事でした。

中庭に続く土間通りです。

f0205887_1071514.jpg


立派に飾られていました。

f0205887_1074586.jpg


次は、佐藤又六家です。
ここは、国登録有形文化財に指定されています。
江戸時代から続く旧家で、増田銀行の設立発起人の一人だそうです。
現在も生活空間として利用されている蔵は、当時はほとんど手に入れるのが難しかっただろう調度品であふれていました。

f0205887_10114281.jpg


この時計は、明治元年に内倉が立てられた記念に、アメリカから取り寄せたそうです。

f0205887_10135060.jpg


壁に見られる唐草模様は、防火の願いをこめ施されたものだそうです。

f0205887_10174816.jpg


文庫倉です。

f0205887_10182030.jpg


町を歩いているときに地元の方に勧められた内倉だけを見ましたが、本当にどこも驚きの連続でした。

是非こちらの方にいらしたときは、是非一度見ていただきたいお勧めの場所です。
ひっそりとたたずむ内倉は、当時の商いが成功した証ですから・・・・・
私たちも、今度は又、見なかった内倉も又見学に来たいと思っています。

そうそうおまけにここも・・・・・・
泊まった宿から見た鶴ヶ池です。
美しい光景でした。

f0205887_1028051.jpg


この時はまだ桜も早く、時間の関係で、池の周りを歩くことができなかったので、次回は是非ゆっくりウォーキングしたいものです。

次は桜の名所北上景勝地と中尊寺に続きます。
[PR]
by baroramu | 2017-05-02 10:36 | Comments(0)

四本足の息子たちとの ほのぼの毎日


by baroramu