いつまでも一緒だよ!


f0205887_1645280.jpg


昨日10月21日午前3時30分、ラムダはタウ兄ちゃんバロン兄ちゃんのところへ旅立っていきました。

私の傍によって来て、驚くほど静かで穏やかな最期でした。

青空が一面に広がり、きっとラムダは「お兄ちゃん~~僕一杯頑張ったでしょ!えらかったでしょ!」と叫びながら上って行ったような気がします。

私たちの26年に及ぶワンライフはとうとう終わってしまいました・・・・・・。

今朝お空に行く前の最後の写真です。

f0205887_1653199.jpg


頂いたたくさんのお花に囲まれ、今にも目を覚ましてくれそうなラムダです。


荼毘にふされ、今は3人揃って居間に並んでいます。
私たちを笑ってみてくれています・・・・・・。
泣いてばかりいたらだめだと3人は怒っているような気がします。


病名がはっきりしてから5ヶ月、その1ヵ月半ほど前から気になる症状が出ていましたので、6ヵ月半ラムダは本当に頑張りました。
気持ちを整理する時間もラムダからたっぷりもらい、覚悟はできていたものの、やはり胸が締め付けられるほどの悲しみでいっぱいです。

今だから言えますが、5月には正直本当に短い余命を言われていました。
あまりにも進行の早い悪性の腫瘍と言うことで、短かったら1ヶ月、長くても3ヶ月と言うことでした。
それでも、初めのころは抗がん剤治療が効いたのか笑顔と元気さが戻り、これだったら今年一杯は大丈夫?と思わせてくれた時もありました。

平穏な生活を過ごせることに幸せを感じていました。
この幸せがまだまだ続いてほしい・・・・と心の底から願っていました。

本当に本当に頑張り屋のラムダでした。
このことはタウ、バロンにも感じましたが、それ以上、末っ子で甘えん坊のラムダが一杯見せてくれました。
病気に負けない勇気を・・・・・・
そして、長くてもと言われた余命の倍の半年頑張って力尽きました。

ブログにはあまり悪いと感じさせないように、元気な時の様子だけをあえて載せるようにしていました。

タウ、バロン、ラムダと自慢できる愛しい子に数え切れないほどたくさんの思い出をプレゼントしてもらい、
そしてこの子達を最後までお世話できて見送れたこと・・・・・それだけはほっとしています。

ただラムダはまだ8歳でした・・・・・。
まだまだこれからもっともっとたくさんの思い出を作れると信じて疑いませんでした。

今春まではこんなに早くに別れがあるとは思っても見ませんでした。

残念です!悔しいです!悲しいです!寂しいです!

でもいつまでも悲しがってばかりいたら3人に怒られます!
これからは、老夫婦二人いたわりあって3人の思い出話をしながら、仲良く暮らしていかなければ・・・・と思っています。

HPをもって今年でちょうど15年になります。
自分でもびっくりしますが、何でも3日坊主に終わりがちな私がよく続いたと思っています。
これも3人のおかげです。
そして、3人のおかげで、全国あちこちにたくさんのワン友さんと出会うことができました。

本当にこの私のつたないHP,ブログに足を運んでくださった、すべての皆様に心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

ラムダはまだお空に上っている途中でしょうが、もう少ししたら3人揃って走り回って遊ぶことを信じています。
バロンが中に入って、写真でしか見たことのないタウ兄ちゃんと始めて会い、3人そろって抱き合って喜ぶ姿が目に浮かびます。

火葬は先日生前最後に遊びに行った水辺の公園で行いました。
途中雲は増えてきましたが、最後まで大好きな岩木山が姿を隠さずに見送ってくれてました。

f0205887_16153477.jpg


愛しい愛しいラムちゃん!
たくさんの楽しい思い出ありがとう!
タウちゃんバロンちゃんによろしくね!

真ん中でタウが「お母さん~!僕たちのことは心配しないで!仲良くやるから~!やっと3兄弟一緒になれたんだから・・・・
お父さんもお母さんも泣いてばかりいたらだめだよ~!」と言ってくれてますね・・・・・・。


f0205887_16131917.jpg

[PR]
Commented by ボビママ at 2016-10-25 14:53 x
お久しぶりです。何とあの走り回るラムダ君の姿しか思い浮かびません。まさか、こんな事になっていたとは。まだ、8歳なのに。ラムダ君には、私も少なからず想い出がありますので、訃報を聞いた時にすぐに電話とも思ったのですが、きっと気持ちもまだ落ち着いて無いだろうし、私自身が寝込んでいるので、ちゃんとお話しもできなそうでしたので。ごめんなさい。涙が出ます。でも、恭子さんのお家に迎えられ可愛いがられ、短い犬生だったけど、一杯一杯幸せを貰って、おーい、ちょっとはやいけど、タウにいちゃん、バロンにいちゃんに会いに来ちゃったよ🤗と、言いそうですね。介護お疲れ様でした。ラムダ君も頑張って偉かったね。ゆっくり休んでね。ドリィも寝たきりになって一年一週間になります。明け方まで、老々介護の日々を👴🏼👵🏻でやってますが、まだまだ頑張ります。ラムダ君のご冥福を祈ります🙏😇
Commented by こまはは at 2016-10-25 22:01 x
ラムダくんとのお別れ、お辛いですね。

きょうこさん、ラムダ君を子供のように可愛がってらしたもの、
胸が張り裂けそうなお気持ちは察するにあまりあります。

この前伺ったときは
ソファーの上に自力で上れたラムダくんに
拍手を送ったばかりだったのに。。。

一緒に過ごせた時間は短くても
長生きのわんちゃんと同じくらい
否もっとたくさんの愛情を受けたラムダ君は
最高に幸せです。
今頃はお兄ちゃんたちに迎えられて笑顔でいるはず。

元気出してくださいね。
Commented by じんこ at 2016-10-26 18:57 x
伺ってから約1ヶ月が過ぎようとしていた時の訃報、残念でなりませんでした。
リンゴを前にした時のキラキラした目が忘れられずにいます。
ラムダくんは闘病中、つらいこともあったと思いますがお二人のおかげで頑張れたんだと思います。
今はお兄ちゃん達と会って、お二人のことをお話ししているんじゃないかな?

ご冥福をお祈り申し上げます。
Commented by かめきち at 2016-10-26 19:35 x
えっ・・・!?突然のことで驚いてます。
ラムダ君の病気が命にかかわるものだとは思わず、今は歩けないけど
きっと良い方向へいくんだろうなっと思ってました。
ラムダ君だけじゃなく、きょうこさん、パパさんも頑張っていたんですね。
お空に行くのは少し早かったですが、きっとラムダ君は
きょうこさんご夫婦に二人で楽しむ時間を残してくれたんだと思います。
今は御辛いでしょうけれども、見えない息子さん達3人はいつも側にいます。
これまで通り旅行やお出かけを楽しんで、タウ君、バロン君、ラムダ君を
安心させてくださいね。
ご冥福をお祈りします。
Commented by バロラム at 2016-10-30 18:41 x
☆ ボビママさん♪

こちらこそご無沙汰しておりました。
そしてお返事遅れまして本当にごめんなさい。

ラムダが旅立ってから10日経ちました・・・・・。
まだまだ気持ちは落ち着きませんが、少しずつ強くならなければと自分に言い聞かせています。
きちんと並んでいる3人、そしてたくさんの写真、お花などを見ていると、まだまだ・・・・・。
寝不足や気持ちの不安定などから体調を壊したり・・・・・自分でも情けない自分がいます。

ボビママさんもずっと体調壊されたままですか?
どうぞドリィちゃんのためにもお大事になさりつつ、介護頑張ってください・・・・・。
ボビママさんの温かい介護で、ドリィちゃんも頑張っていることと思います。
陰ながら遠くより応援しております。

パピーの時にお世話いただいたこと、ラムダに変わりましてお礼申し上げます。
Commented by バロラム at 2016-10-30 18:49 x
☆ こまははさん♪

お悔やみのコメントありがとうございます。

とっくに覚悟はできたいたつもりでしたが、いざ二人になって見るとワンのいない生活があまりにも空しく感じられ、どうしようもない寂しさに襲われています。
こまははさんご夫婦もこまちゃんとお別れしたときはこうだったのだろう・・・・・と改めて深く思いました。

今は3人仲良く走り回っていることを信じて、少しずつ笑顔を取り戻していかなければ・・・・・と思っています。

頑張ります!
Commented by バロラム at 2016-10-30 18:59 x
☆ じんこさん♪

生前から今まで、温かいメール&お電話を頂き、どれだけ励まされたことか・・・・・心より感謝しております。
本当にありがとうございました。

亡くなる一月前に、遠いところいらしてお見舞いいただき、まだ元気だったラムダに会っていただけた事が、いつまでも忘れられない思い出です。

本当に今頃は二人のお兄ちゃんに「僕偉かったでしょ!!」としつこいぐらい寄って行ってるラムダの姿が目に浮かびます。

少しずつ少しずつ、涙を楽しかった思い出を想う笑顔に変えて行きたいと思っています。
Commented by バロラム at 2016-10-30 19:11 x
☆ かめきちさん♪

お悔やみのコメントありがとうございます。

ブログにはあまり悪い状態は悟られないように、努めて明るく書いていたつもりでしたが、ラムダもそれに応えて元気に笑顔を見せてくれていました。
抗がん剤投与の最初の頃は、かえって食欲も元気も以前より増え、残された短い余命など信じられない時もあったのですが・・・・・・。

今はまだまだ家中どこにいてもラムダのことが想われ、タウ&バロンと共に、3人いなくなったことが・・・・・さびしすぎます。

でも、これからは3人に怒られないように、笑われないように、強かった3人を想いながら、明るく努めていこうと思っています。

ギフトちゃんのアンヨ、良くなって本当に本当に良かったですね!
by baroramu | 2016-10-22 16:34 | Comments(8)

四本足の息子たちとの ほのぼの毎日


by baroramu