お兄ちゃんが直してくれたかな♪?

バロンもラムダも、どういうわけか冬になると十和田の大学病院に行くことが多いような気がします。
ラムダが我が家の家族になった2008年の11月下旬・・・・・・バロンが長期入院をして、担当の先生に奇跡の回復と言われたことがありました。

f0205887_20223139.jpg


バロンをとても優しく面倒を見てくれた卒業間近だった学生さん。
今頃は立派な先生になっているだろうな!

f0205887_2049128.jpg


みんなで道の駅でキャンカー泊して、バロンの面会に行くと言う生活が2週間以上は続きました。
その後はラムダと二人でホテルに泊まって、また面会に・・・・
結局、3週間位の入院でした。

こうして元気一杯遊ばせて、お兄ちゃんの面会に行っていました。
そのとき泊まっていた道の駅で・・・・・・これは、今朝の様子です。

f0205887_20254397.gif


こうして遊ばせながらカメラを向けているとき、一瞬バロンの入院時を思い出していました。
この後病院に行ったら、入院室にバロンが・・・・・と言う錯覚を覚えました。

そして、今回の外耳炎の治療に、また病院に向かいました。
先週かなり丁寧に耳の中を洗浄してもらったおかげでしょうか?
チビってまで怖がって処置していただいた成果が出たようです。
前回まで、耳の中にかなりの細菌がいたはずでしたが、今日の検査では、細菌は完全に消滅していました!!
後は、家で1週間ほど点耳薬を続けるだけでもうOKという診断がおりました。

もちろんバロンは入院室で待っていてはくれませんでしたが、バロンがお世話になった病院で、先生と一緒になってラムダを直してくれたのかも??と思えます。
これで安心して新年を迎えることができます。

ねっ!!ラムちゃん!!
バロンお兄ちゃんに「直してくれてありがとう~~♪」とお礼言わなくっちゃ!
これからは思いっきり雪遊びができるね♪

f0205887_20373094.jpg

[PR]
Commented by さぶに at 2012-12-22 14:08 x
ラムダちゃん外耳炎大変ですね。
でも細菌がなくなって良かったです。
病院は緊張しますよね。
ほんとに何されるのか不安ですもんね。
たまちゃんもそうでした、耳やら皮膚やら心臓やら。
とにかく病院は苦手で(笑)
バロンちゃんは長く入院していたのですね、ママさんたちが来るのを楽しみにしていただろうなあ。

雪で跳ねているラムダちゃん楽しそう!
やっぱり雪は喜ぶ?
Commented by バロラム at 2012-12-23 20:23 x
さぶにさん、お返事が遅れました。(汗)

超怖がりで臆病なラムダですが、今までは病院は平気でした。
ただ今回だけは、かなり怖く感じるところがあったようです。(笑)でもおかげで、やっと耳の治療から開放されました。

バロンは本当に病院のお世話になることが多い子でした。
でも、穏やかな我慢強い性格と、よほどのことがない限り落ちることのない食欲とで、入院患者のお手本とよく言われていました。
そのお兄ちゃんを見習って、ラムダもこれから歳を重ねていく時には、そうあって欲しいと願っています。

たまちゃんも、病院は苦手でしたか!
できるならあまりお世話になりたくない場所ですものね・・・・・
さぶにさん、少しは心穏やかに過ごせるようになりましたでしょうか?

ラムダは、もうずば抜けた雪ん子です。
普段はバセット化していますが雪遊びの時だけは元気になります!!!(笑)
by baroramu | 2012-12-21 20:52 | Comments(2)

四本足の息子たちとの ほのぼの毎日


by baroramu